MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査

  • HOME »
  • MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査

MCIスクリーニング検査とは

MCIスクリーニング検査は、アルツハイマー病とMCIで血液濃度が変化する
3つのタンパク質マーカーを組み合わせ、統計的手法で認知機能障害への程度を推定するものです。

この3つのタンパク質は、アミロイドベータペプチドを脳内から排除し、その毒性を弱める仕組みに関わっており、アルツハイマー病やMCIの患者はその数値が低下します。これらタンパク質の機能の低下は、結果的に認知機能障害につながると考えられます。

 

 

認知症の中でも最も多いアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)は、
病理学的特徴の一つである老人斑の主要構成成分の《アミロイドベータペプチド》が脳内に溜まり神経細胞が壊され認知機能が低下する疾患です。

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-8 Ginza Willow Avenue BLDG 5階 TEL 03-5524-1850 診療時間 11:00〜20:00(最終受付19:00)

PAGETOP
Copyright © 銀座ソラリアクリニック All Rights Reserved.