スレッドリフト

「たるみ」(ゆるみ・だぶつき・垂れ下がり)が気になる方には、糸を使ったスレッドリフトをオススメしています。たるみとは、言ってみれば重力に負けて顔の形が変化している状態です。皮膚や脂肪が垂れ下がり、顔表面が凹凸して疲れた表情や陰気な表情に見えます。
この垂れ下がった部分を元の位置に戻し、下がってこないように留めておく治療が、糸を使ったリフトです。「引っ張り上げる」のではなく、「元に戻す」ことに気をつけて糸を挿入することで、引きつりや違和感を気にすることなく、たるみを解消することができます。

このような方に

糸を使ったリフトのポイント
それぞれの患者様のお悩みの状態や顔立ちに合った方法を選択し手術を行
っています。

●糸の種類
●糸を入れる場所(部位)
●糸を入れる深さ
●糸の数
●力のかけ方(力加減、方向)

これらをポイントに、気になる部位を違和感なく元の位置に戻すことができ
ます。

ミネルヴァNewPCL(原材料:P(LA /CL)

最新素材のミネルヴァ。太めでコグがしっかりした糸なのですが、体に入ると柔らかくなり、顔のかたちや動きに馴染み、違和感を感じにくいのが特徴です。時間経過しても糸の形状が維持されるので、リフト効果が長持ちします。原材料を日本国内のメーカーが作っていることも安心できます。
様々な糸を使ってきた院長の、今イチオシの糸です。

TESSリフト(テスリフト)

TESSリフト(テスリフト)とは、”スレッドリフト”と呼ばれる施術の一つです。”スレッドリフト”は特殊な形状の糸を皮下に入れることで、皮膚を切除することなく顔のたるみを解消させる美容施術です。TESSリフト(テスリフト)では、バーブ(とげ)のついた糸の周りに3Dメッシュが覆っている特徴的な形状の糸を皮下組織に入れてリフトアップを行います。バーブが皮下組織をしっかり掴み、周辺組織が3Dメッシュ内に入り込むことでリフトアップした状態を長期間キープすることができる、ホールド力にすぐれた施術です。