歯周病内科

  • HOME »
  • 歯周病内科

歯周病治療

歯周病は、虫歯以上に歯を失う原因であり、日本人成人の4人中3人が歯周病と言われています。自覚症状が少ないことから症状が重症化することが多いです。手遅れにならないために、予防や早期の治療が重要です。
当院は、歯周病内科学会認定施設ですので、位相差電子顕微鏡を用いた特別な歯周病検査、歯周病治療を提供しています。
治療はまず、位相差顕微鏡で口の中に感染している細菌・真菌・原虫などを特定し、動画管理システムに記録します。その後、それらの微生物に感受性のある薬剤を選択し、歯周病を内科的に治します。この治療法は、術前・術後の状態が一目瞭然に画像で示されるという利点があります。また、はっきりと自覚できる程の、歯茎からの出血や排膿が短期間で改善されます。口臭についても効果があります。

 

歯周内科治療の新療法(漢方薬の処方)

口腔も全身の一部です。
全身の免疫力を高めて歯周病を早く治す目的で、漢方薬の処方も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

歯周病について

歯周病は全身疾患とも関連するとてもこわい病気です。

歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、定期的な歯科検診などを受けることにより除去することで予防することができます。
歯肉は体の中でも非常に敏感な組織です。またお口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在している場所でもあります。そしてあらゆる全身疾患と歯周病の関連性が近年の研究により指摘され始めています。歯周病との関連を挙げられているものには呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病や不妊、早産などがありますが、なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあるのです。
重症の歯周病になり、口の中に歯周病を引き起こしている細菌が多くなると、血液や呼吸器内に入り込み、心筋梗塞・動脈硬化症・肺炎・不妊症・早産などを引き起こしやすくします。

歯周病を予防するには

歯周病を予防するには歯の表面や歯と歯の間、歯と歯肉の境など、かなり行き届いた歯磨きが必要です。本人は充分磨けていると思っていても、実際には歯ブラシだけでは不充分な事がよくあります。
そのために、歯科医師や歯科衛生士による各個人に合った歯ブラシと補助的な清掃用具(フロス・歯間ブラシ等)による歯磨き指導を受ける事をお奨めします。
また妊娠中の妊婦には妊娠性歯肉炎という特徴的な疾患があり、これが上述した早産につながっている可能性があります。専門的な歯周治療が行える歯科医院での検診や治療をお勧め致します。

〒104-0061 東京都中央区銀座1-5-8 Ginza Willow Avenue BLDG 5階 TEL 03-5524-1850 診療時間 11:00〜20:00(最終受付19:00)

PAGETOP
Copyright © 銀座ソラリアクリニック All Rights Reserved.