メニュー

 
bak療法

「BAK療法」は、自身の血液から免疫細胞を採取し、約100億個に増殖・活性化させ、点滴で再び体内に戻す「免疫療法」です。自分自身の免疫細胞を使うため、副作用の心配がなく、入院・手術・も不要です。 そのため、自身にとって負担の少ない治療法といえます。

bak療法とは

「BAK療法」はCTL療法、樹状細胞療法のがん細胞を認識して攻撃する方法とは逆に、正常細胞を認識し、正常細胞以外の異常な細胞、 つまりがん細胞を攻撃する特性を持ったNK細胞・γδT細胞を主に使用した療法です。この2つの免疫細胞はHLA-Ⅰを隠し、免疫細胞からの攻撃を逃れようとするがん細胞も察知し攻撃。進行したがんや再発・転移予防にも76%の高い治療効果が得られており、正常細胞を攻撃することもないので副作用を招く心配もありません。

bak療法の特徴

世界でも最高の培養技術「BAK療法」では、未知のウイルスや細菌などの汚染の危険がない、独自開発の無血清培地を使用。また無血清培地は通常の免疫細胞療法のおよそ10倍、100億個以上の免疫細胞を増殖させる能力があり、ガン細胞への攻撃力を最大限に引き出すことが可能です。手術で切除しきれない目に見えない分子レベルの微細ながんを根絶することができるので、まだガンになっていない方のガン予防や「手術後の再発予防」に非常に高い有効性を持っています。

このような方に

ガンの治療中の方

ガンの再発防止を考える方

免疫力をあげて健康維持されたい方

従来の治療法との違い

免疫担当細胞が攻撃しなさいと教えられたがん細胞しか攻撃できなかった従来の免疫細胞療法。 正常な細胞以外のすべての異常細胞を攻撃するBAK療法。がん細胞へのアプローチの違いにより破壊するがん細胞の数、すなわち治療の有効率が違ってきます。

治療の流れ

  • ①カウンセリング:免疫強化細胞療法の説明
  • ②血液検査:末梢血液一般 ・血液像
  • ③採血
  • ④細胞培養開始(通常2〜4週間培養)
  • ⑤点滴投与

銀座ソラリアクリニック Tel : 03-5524-1850
初回・ご予約はこちら
お問い合わせはこちら
FACEBOOK
アメーバブログ