TOPメニュー再生医療育毛治療AGA治療に必要なこと Back

メニュー

 
AGAとは

 AGA治療では、それぞれの体質や髪質、症状などに合わせた治療であると同時に、毛周期の各段階に合わせたアプローチが必要です。例えば、市販の育毛シャンプーや育毛剤などは「育毛」に作用が限られていることが多いのですが、根本的な改善には「頭皮ケア」「発毛」「育毛」「脱毛を抑える」という総合的なアプローチが重要なのです。

頭皮ケア
発毛・育毛には頭皮環境が重要。毛穴の汚れは毛周期の乱れにも繋がりますので、専用の頭皮ケアが欠かせません。
発毛
AGAは、休止期の髪の割合が多く、毛量が減少している状態です。発毛促進のためには、毛母細胞の働きを活発化させることが重要です。
育毛
AGAでは、成長期が短くなり、髪がミニチュア化しています。太く長い髪に育てるためには、成長を促す成分の補給が必要です。
脱毛を抑える
AGA治療をはじめてすぐの髪は細く弱い状態です。しっかり成長するまで抜けないようにすることも重要です。
日常生活の見直しも大切

日常生活の中にある代表的な薄毛の要因をご紹介します。治療結果に影響を与えることもありますので、改めて生活習慣を見直してください。

・頭皮は清潔に保ちましょう
汚れや余分な皮脂で毛穴がふさがれると発毛や髪の成長に影響が出ます。頭皮を清潔に保つようにしましょう。

・ストレスは早めに解消しましょう
ストレスは自律神経を圧迫して血流を滞らせ、髪の成長に影響を及ぼします。できるだけストレスをためないよう、自分なりの解消法を見つけてください。

・食生活の乱れ
栄養の偏りは発毛に影響を与えます。日頃からバランスの良い食事を心掛けましょう。髪の主成分であるケラチンをつくり出すために、タンパク質を多く含む肉類、魚や大豆製品、ミネラルを多く含む海藻などは積極的に摂るとよいでしょう。

・喫煙
ニコチンは血管を収縮させて血液の循環を悪くするため、髪の成長にも影響を及ぼします。 なるべく喫煙を控えめにするようにしてください。

AGAによる脱毛の特徴

 □ 遺伝性がある
 □ 思春期以降に徐々に薄毛が進行する
 □ 細く短い髪が増える
 □ 髪のコシがなくなる
 □ 額の生え際、頭のてっぺんが薄くなる



女性の薄毛
更年期にはいり女性ホルモンの分泌量が減少すると、相対的に男性ホルモンが過多となり発症します。
・男性型脱毛症
汚れや余分な皮脂で毛穴がふさがれると発毛や成長に影響が出ますので、頭皮を清潔に保つようにしましょう。

・慢性休止期脱毛症
本来10%程度の休止期毛が20%ぐらいに増加することで発症します。原因は不明ですが、30代以降の発症が多くみられます。長く硬毛の抜け毛が増え、頭部全体から脱毛します。

・女性ホルモン分泌異常による脱毛症
分娩2~3ヵ月後におこる脱毛です。出産によって卵胞ホルモン(エストロゲン)減少することで発症します。また、ピル内服中止後におこる脱毛もこの脱毛症に該当します。

・過剰なダイエットによる脱毛症 / 鉄欠乏性貧血による脱毛症
ダイエット中などに食事を制限するあまり、栄養が偏り、頭皮や毛髪に必要な栄養が不足して起こると考えられます。女性に多い鉄欠乏性貧血や潜在性鉄欠乏性貧血も毛髪の栄養不足から抜け毛が増える要因となります。
銀座ソラリアクリニック Tel : 03-5524-1850
初回・ご予約はこちら
お問い合わせはこちら
FACEBOOK
アメーバブログ