TOPメニュー注入レディエッセ Back

メニュー

 
レディエッセ
ヒアルロン酸以上のふっくら感で手術をせずに深いしわの解消も

「レディエッセ」は、お肌にしっかりボリュームを出すことができるので、深いしわの解消、鼻やアゴのライン形成に効果的な施術です。カルシウムベースの粒子を使用しており、治療部位にもよりますが、注入後は1年以上かけて皮膚の中でゆっくり安全・自然に吸収されていきます。また、ヒアルロン酸に比べて効果の持続時間が長く、個人差はありますが約1年~1年半持続します。

こんなトラブルに効果があります
  • 鼻、顎の形成
レディエッセとは

レディエッセは歯や骨を形成するカルシウムハイドロキシアパタイトが主成分の皮膚充墳剤です。これは生体分解性物質であり、徐々に体内に吸収される長期持続型のジェル状製剤。整形外科・耳鼻咽喉科・歯科・形成外科などの医療現場で使われている安全な物質です。ヒアルロン酸と比べても、拡散しにくく、時間をかけて吸収。また、長期にわたって形状を保ち続けることができます。
非動物由来成分のため、アレルギーテストは不要。自己のコラーゲンを増殖させて、効果を持続させているため、しこりが残る心配がありません。注入後は線維芽細胞がコラーゲンを生成するため、約12~18カ月効果を持続。柔らかいヒアルロン酸などを注入した場合は、数カ月で吸収されてしまうため、ヒアルロン酸より2倍程持続力が高いと言えます。注入直後から、即、効果を実感できます。

ヒアルロン酸とレディエッセを使い分け、注入剤の特性を生かし、適切な部位に使用することで、より自然な仕上がりが期待できます。
当院では、注入治療については1本単位で取り扱うため、安全で安心。
ヒアルロン酸注入に比べると、多少の痛みを伴うため、さまざまな方法で痛みを軽減させて施術していきます。

極細針で注入
痛みを軽減、血管を傷つける可能性が低いため、内出血のリスクも軽減。
麻酔クリームで表面麻酔を行ってからの施術
冷やしながらの施術

腫れを最小限に留めます。
少量の注入で顔の印象が変わるため、少しずつ注入しながら、患者様に鏡で確認していただき、お一人おひとり希望に沿うように施術する。

このような方に

レディエッセの治療部位で多いのは鼻とアゴです。鼻の高さや凹凸、アゴのラインを整える場合、これまで主流だった手術によってプロテーゼ(シリコン)を入れる方法に比べ、より自然なライン形成が可能になりました。注入直後から数日でやわらかくなるので、触ってもほかの部分とほとんど区別がつきません。

また、ほうれい線やマリオットライン(口から伸びる線状の陰)、ゴルゴライン(頬のくぼみによる線状の陰)などのしわにも効果的。

従来の治療法との違い

アクアミドやアルカミドと呼ばれる注入剤は、体が分解できない物質であるため、効果は半永久的ではありますが、満足のいかない仕上がりになったとしても、完全に除去することは不可能です。また、体内に吸収されないため、時間がたっても元に戻ることはありません。
当院では、このような危険性が報告されている薬剤については一切取り扱っておりません。
また、プロテーゼ(手術の必要あり、ダウンタイムが5~7日程度、腫れや内出血等、効果は半永久的)に比較すると、手軽であり、まれに腫れる場合もありますが、ダウンタイムがほぼないことも特徴となり、施術時間も短時間で可能となりました。

施術のポイント

注入時に軽度の痛みがあるので、麻酔クリームを使用し、冷却して痛みを和らげます。2、3日~数日間、少し腫れたり、内出血を起こす可能性がありますが、コンシーラーなどで隠せる程度です。効果は数カ月~1年程続きます。少量ずつ注入し、様子をみながら行えます。

治療の流れ
他に組み合わせたほうがよい治療法は
ヒアルロン酸注入 ※唇、額、眉間など皮膚の浅い部分には注入できないため、ヒアルロン酸注入と併用。
銀座ソラリアクリニック Tel : 03-5524-1850
初回・ご予約はこちら
お問い合わせはこちら
FACEBOOK
アメーバブログ